ファイナンシャル・プランニングと論理

ファイナンシャル・プランニング(以下FPという)に必要とされる職業論理は以下のとおりです。

①顧客利益の優先

 FPはプランニングにあったて、顧客の利益を優先すべきであり、決してFP自身の利益または第三者の利益を優先してはならない。

②守秘義務の遵守

 FPは職務上知り得た顧客に関する個人情報を、原則として顧客の承諾(同意)なく第三者に漏らしてはならない。

③顧客に対する説明義務

 FPは、プランニングや商品販売にあたって、顧客が適切な情報に基づいて意思決定ができるよう、顧客に十分に説明する必要がある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です